宅配で高齢者を見守ります!

【日経MJ2017年1月27日版より】

ICTで高齢者見守り 宅配で安否通知 徘徊検知の「お守り」

このICTを活用して高齢者を見守る仕組みは、アナログ的な要素もある使い方でして弁当の宅配員が、玄関先にあるセンサーに反応して一斉メール配信ができる方式のようです。

弁当を届ける時点で高齢者の状況を目視できるので確実な情報が配信されます。もう一つの事例は、高齢者にお守りを持たせる外に出ると受信機に反応して介護者の端末に通知するのですが、お守りに電波発信装置を入れる事で通知される仕組みです。このように見守りもしくは監視システムはセンサー技術がキモになる場合が多く、高齢者の行動を見張る意味では欠かせない技術です。

記事はこちら
http://digital-crest.tv/csc/a/20170130.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*