介護現場AIで効率化 ケアプラン作成や転倒防ぐ技術

【日経MJ2017年1月20日版より】

介護現場AIで効率化 ケアプラン作成や転倒防ぐ技術

何かと最近話題になっているAIですが、少しずつ企業に導入するケースが増えてきました。

今まで介護事業者は入居者の介護計画サービス(ケアプラン)を作成するのにマネージャーの業務半分以上がその作成の取られるとの事ですので、その作業がAIに置き換わるのはパフォーマンスが上がり業務効率が良くなります。AIのテクノロジーを用いると識別、予測、実行する事が容易になると言われていますが識別は、ある情報を仕分けたり検索する事です。予測は数値や顧客ニーズを予測できます。実行は行動を最適化したり作業をを自動化したりします。

この識別や予測、実行を統計化して学習することで自動車業界や介護業界、金融業界などは業務の効率化により人手がAIに置き換わることは間違いないと思います。単純作業は今後なくなるのは目に見えていますが、クリエイティブ性やマネジメントするようなリーダーシップ性を生かす職業は無くならないでしょうね。

記事はこちら
http://digital-crest.tv/csc/a/20170123.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*