またホテル戦争が勃発します!

ホテル

--------------------
■□
2017年1月13日(金)

【日経MJ2017年1月9日版より】
東京五輪需要にらむホテル
20年までに6万室新設 投資額は1兆円

国内ホテルの新規客室供給が2020年までに6万
室を越す見通しになった。外資系やビジネスホ
テルが東京五輪やインバウンド(訪日客)によ
る需要を見込んで相次ぎ開業。直近4年と比べ
て2倍のペースになる。みずほ総合研究所のデ
ータを基にした試算では投資額は約1兆円に膨
らむ。

記事はこちら
http://digital-crest.tv/csc/a/20170113.html

□■
--------------------

確か2007年に外資系のホテルが東京に乱立

して2007年問題というものがありました。

マンダリンホテルやリッツカールトン、ペニ

ンシュラホテルなどが乱立しましたが、今と

なってみればその後にリーマンショックがあ

り軒並み稼働率が下がったというのは記憶に

新しいと思います。今回は2020年に東京オリ

ンピックが開催されますのでそのイベントの

為の訪日客の増加は目に見えており2007年の

比ではありません。当然、ホテルだけでは足り

なくなりビジネスホテルにも商機は及びます。

記事によりますと仮に訪日客が4000万人に増

えると、東京だけで3万5000室の追加需要が発

生し、1万室以上が不足すると予想されますの

で、その流れは民泊に向かうのは間違いないと

思います。

コメント


認証コード4849

コメントは管理者の承認後に表示されます。