介護現場AIで効率化 ケアプラン作成や転倒防ぐ技術

AI

【日経MJ2017年1月20日版より】
介護現場AIで効率化 ケアプラン作成や転倒
防ぐ技術

介護事業者が現場の効率化を見据え人工知能
(AI)の活用に取り組んでいる。大手のセン
トケア•ホールディングはAIで介護サービス
計画(ケアプラン)を自動作成する研究を推
進。パナソニックも施設の入居者が転倒する
のを防止するシステムを研究中だ。生産性が
低いといわれる介護現場がAIで変わる契機に
つながりそうだ。

記事はこちら
http://digital-crest.tv/csc/a/20170123.html

□■
--------------------

何かと最近話題になっているAIですが、少しず

つ企業に導入するケースが増えてきました。今

まで介護事業者は入居者の介護計画サービス

(ケアプラン)を作成するのにマネージャーの

業務半分以上がその作成の取られるとの事です

ので、その作業がAIに置き換わるのはパフォー

マンスが上がり業務効率が良くなります。AI

のテクノロジーを用いると識別、予測、実行す

る事が容易になると言われていますが識別は、

ある情報を仕分けたり検索する事です。予測は

数値や顧客ニーズを予測できます。実行は行動

を最適化したり作業をを自動化したりします。

この識別や予測、実行を統計化して学習するこ

とで自動車業界や介護業界、金融業界などは業

務の効率化により人手がAIに置き換わることは

間違いないと思います。単純作業は今後なくな

るのは目に見えていますが、クリエイティブ性

やマネジメントするようなリーダーシップ性を

生かす職業は無くならないでしょうね。

コメント


認証コード9302

コメントは管理者の承認後に表示されます。