「無料かんばん見積りナビ」は、おなたの地域の各看板製作会社からの提案や 概算見積りなどを無料でしかも匿名で受け取れるサービスです。

hope

ご希望の看板はどれ?

主な看板の種類

看板は、販売促進というカテゴリーで考えますと、しっかりとした看板を作れば持続性の高い効果を得られます。集客できる期間もチラシやDMと違い、長期的なスパンで考える事ができます。

あなたの集客方法で一番効果のある看板はどれになりますか?

下記にイラストで、あてはまるものをイメージして見て下さい。おなたのご希望の看板・デザインを、資料請求フォーム内でチェックしてください。


見積り・資料請求フォームはこちらをクリック

看板の種類

ポール看板

車で来るお客様に、お店の存在を知らせるような遠方からでも目を引く大型看板の事です。車からお店のポール看板を認識できるのは最低50mぐらいから認識してもらわなければなりませんので、高い位置よりは3m以内の高さがだいたいの目安になります。どの位置に看板を立てることが良いのか、確認する必要があります。

野立て看板

自分のお店の敷地以外に設置して、通行人や乗客に店舗や企業などをPR、案内、誘導したりするための看板を言います。野立て看板の長所は、通行中のドライバーや歩行者、または列車などの乗客によって確認、認知されやすい視認性の高さであり、特に商業施設(ショッピングセンター)などは、この野立て看板を活用すると、非常に有効なケースがあります。また、お店などが入り組んだところにある場合には、そこへ誘導する目的としても使われます。また、商圏を拡大したい場合にも有効です。

袖看板

建物から道路面に突き出した看板のことで、縦長のもの(着物の袖のように)になります。大きさ、掲出法などに対して安全性・美観風致の維持の視点などから種々の規制がありますので、設置の際は注意が必要です。新規顧客の来店率を高めるため、通行人の目線に対して直角の位置に看板を設置する必要があります。自分の店が目立たないと感じる場合には、袖看板を設置することにより周知することができます。

チャンネル文字・LEDサイン

文字を立体的に加工した看板を言います。「ボックス文字」「切り文字」「箱文字」といった呼び方もあります。、「金属箱文字タイプ」と「カルプ文字タイプ」ながあります。「金属箱文字タイプ」は、ステンレス、銅、真鍮の板で文字を箱状に組み上げたもので、その金属光沢と高級感が魅力です。「カルプ文字タイプ」は、樹脂素材をアクリル板でサンドイッチした造りのもので、軽量で取り扱いがしやすいのが特徴です。建物と一体感がありますので、高級感を出す場合や、公的なイメージを強く印象付けしたい場合に使います。また、中にLEDを入れて光らせることにより、ライトアップして目立たせたいなどお店のイメージアップにも使う事ができます。

ファサード看板

ファサード看板は、建物の正面に掲げられる看板のことを言います。主に入り口の上に設置され、材質は、単純に板を取り付けたものや、専用のフレームにFF(フレキシブルフェイス)やアクリルを表示面として取り付けるタイプなどがあります。 フレーム内部に蛍光灯やLEDを仕込み、表示面を光が透けることで、看板を光らせることが可能で「行灯」「電飾看板」とも言われています。

屋上広告塔

屋上看板は主にビルや建物の屋上に設置します。自社の位置や存在をアピールする事ができますので、明快で普遍的なイメージ・コンセプトを表すデザイン性が求められます。ビルのオーナーなど貸し看板として使用したり、企業のイメージアップのため、ネオンやLED、大型ランプなどを使った広告効果を上げる方法もあります。

これはイメージです

懸垂幕

一般には、イベントの開催告知や応援アイテム(応援幕)、広告宣伝の道具などに利用されます。スーパーや百貨店などでは、新商品やキャンペーンの告知等を布に大きく書いて表示されることがあるほか、
あらゆる競技、スポーツ応援用
映画館の宣伝用バックドロップ
駅構内の広告宣伝用
百貨店広告用
チーム、学校用、記念行事や記念写真用
店舗のメニューやイメージ広告
不動産であれば入居者募集広告
高所作業など工事現場での注意喚起
などに使われます。横は横断幕と言います。

テント看板

建物の窓や正面玄関の上部から突き出していて、日よけ雨よけに使うテント看板ですが、素敵な空間を演出するための奥行き感を出すことが可能になります。
テント看板を付けることにより、建物に立体感を持たせ、存在感を際立たせる効果があります。

ウィンドウサイン

店舗の入り口扉や、窓ガラスなどのガラス面を利用して製作する看板を言います。ガラスシートとも呼ばれます。ガラスに直接貼り付けることができるため、広くPRが可能なので、インパクトがありコストパフォーマンスは高い看板の一種です。グラデーションやパターン、雪表現や水玉模様などを表現したり、太陽光を和らげ、ときには室内照明を幻想的に演出するフォグラスとデザイン出力を独自のノウハウで組み合わせ、豊かな表現のウィンドウサインを実現できます。

シャッターサイン

シャッターにキャッチコピーやグラフィック描くことで、閉じたシャッターを広告スペースとして有効活用する手法です。
描かれた色鮮やかなグラフィックは、オープン前のイベントを盛り上げ、閉店後の店舗さえも華やかに演出いたします。

屋外スタンド看板

屋外スタンド看板は、主に「歩行者客」「自転車客」など最終的な来店誘導を図る看板として、お店や会社の前に置いて使います。水にも汚れにも強く、鮮やかなグラフィックデザインで、集客効果を向上させます。また、映像やLEDとの組み合わせによりより視覚に訴えたプロモーションを展開することが可能です。スタンド看板は下記の種類があります。
スタンダードタイプ・・最もシンプルなスタンド看板
カーブタイプ・・・板面が緩やかにカーブしたもの
電飾タイプ・・・板面の中に電球があり内側から照らすタイプ
タワーカタログスタンドタイプ・・・チラシ・パンフレットなどを並べることができるもの
イーゼルタイプ・・・メニューボード等に使われることが多い
映像タイプ・・・デジタルサイネージと言われるもので、映像を表示する事が出来てコンテンツを自在に変える事ができる

電飾看板

内照看板ともいわれ、内部に発光体(LED・蛍光灯)を配置するものを総称して言います。ポール看板、袖看板、スタンド看板、チャンネル文字にも使われます。当然光りますので、夜でも集客を訴求することができます。

デジタルサイネージ

電飾看板の発光面を、液晶ディスプレイやプラズマディスプレイなど映像が表示できるものを総称して言います。映像の中身を変えることができますので、季節にあった内容で変更できたり、ネットワークに接続していればリアルタイムに変更することが可能です。フォトフレームのような小さなものから、100インチ超の大型ディスプレイまで、幅広いラインナップがあります。

カーマーキング

移動可能な車両にカーマーキングすることで、商圏内で無駄なくアピールが可能になります。車体に直接、シートを張り付けて施工する場合が多いです。最近ではバスにカーマーキングして広告を表示したり、カーマキング専用のトラックで音響とともに走るプロモーション専用も出てきています。




北海道から沖縄まで、数多くの看板会社が当サイトに加盟しております。すべての都道府県に加盟看板業者がおります。

当サイトに加盟しております看板業者の一例を挙げますと

  • 看板による販促戦略を提案してくれる看板会社
  • 全国規模で営業展開している看板会社
  • 海外で評価が高い看板会社
  • シュミレーションサービスのある看板会社
  • 看板の構造設計が得意な看板会社

など、個性豊かで、実績、実力ともに大変優秀な看板業者が多数、加盟しております。

上記のような看板会社のデザイン案や見積りを、匿名のままで比較検討できるのは
無料かんばん見積りナビだけ!

もちろん無料です。

あなたもこのサイトを利用して、集客できる看板を作ってみませんか?

詳しい利用方法は下記をクリックして下さい。

詳しくはこちらをクリック


0120-3176-55サインならココ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional