マーケティングオートメーションは中小企業のための闘う武器です!

100名未満の中小企業の救世主、Web集客システムワードプレス +マーケティングオートメーションは購買意欲の高い見込み客の発掘を自動で行う優秀な営業マンです。あなたもこの闘う武器を手に入れませんか?

マーケティングオートメーションって何?

マーケティングオートメーション(MA)とは、獲得した顧客リストを一元的に管理して自動的に、見込客の獲得・育成・選別を行うことができるツールです。適切な営業活動の前段階でMAを使う事により、購買意欲の高い見込客を絞り込んでいき顧客を育てる「ワン・トゥー・ワン・マーケティング」を実現できるため、営業リソースが足りない100名以下の中小企業には強力な武器となり得ます。

マーケティングフロー

MAフロー

MAflow

マーケティングオートメーションを利用すればWebサイトやLINE、スマホアプリ、デジタル広告、ファイスブックなどからオフラインである名刺、店鋪や展示会など多岐に渡り管理できます。オフラインの場合には、MAに登録することにより実際に自社サイトに訪れたかどうか、また広告を見た見込み客がいつWebサイトを訪れたかなどが分かりますし、嗜好に合った情報を見込み客に届ける事ができるツールです。

マーケティングオートメーション(MA)の位置づけ

購入の意志決定は「会う前に」決めている

現在では急速なデジタル社会になり、何らかの商品やサービスを購入するとき、事前にインターネットでの情報収集が当たり前になり、その情報取集もパソコンよりはスマホからのアクセスが7割にも達しています。

消費者の行動①

消費者はネット(非対面)で意思決定の大半を済ませている

消費者の行動②

消費者は自分のタイミングで情報取集を行い購入している

消費者の行動③

消費者の行動はマルチチャネル化しており、購買パターンがなかなかつかめない

消費者は、B to B、B to Cに関らず商品やサービスを購入する前には、ほとんどがPCやスマホ関係無くWeb上で情報取集を行い、購入しています。

そこで、見込み客の接点として自社サイト(ホームページ)が対面に変わる役割を担うようになり、営業活動に代わって重要となってきます。

マーケティングオートメーション(MA)は、見込客(リード)がとる自然な消費行動に合せたマーケティング活動を行うとともに、有益な営業活動ができるよ手助けとなり人手不足の中小企業にとっては強力な武器になります。

MAによるクロスチャネルイメージ

crossch

マーケティングオートメーションは営業に悩む中小企業の救世主になり得るか?

ユーザーの動向を把握できます

ユーザーはネットでの情報収集で意思表示を済ましています。急速にデジタル化した社会の中で、スマートフォンの普及は、約7割と言われていますが、何らかの商品やサービスを購入するときは、スマホを含めたインターネットでの情報収集が当たり前になっています。店舗はショールーム化して、最終的な購買はインターネットで購入する流れになりつつあります。マーケティングオートメーションを導入すれば、購入前のユーザー動向を把握することができます。

リードジェネレーション(見込客の獲得)

マーケティングオートメーションを行ううえで重要になってくるのが自社のWebサイトです。名刺交換した後や、検索ユーザー、競合他社が自社サイトを見ています。マーケティングオートメーションは消費者(リード)に対して、有益な営業活動を支援する役割りを担います。自社サイトに訪れた購入意欲の高い消費者(リード)に対して、ベストのタイミングで営業活動を行なえます。

メールコミュニケーションの最適化が行えます

メールマーケティングは終わったと言われますが、スマホの普及率が72%で20代から50代の8割前後が今だにメールを利用していますので、コミュニケーションツールとしてのメールの重要性はまだまだ高いといえます。ただ現状の問題点としては自分とは関係の無い情報を企業都合で送り付けてくるメルマガは、無視か迷惑メール扱いになっています。マーケティングオートメーションを使えば、見込客の興味・関心を把握したタイミングで伝えたい事を自動的に届けられるメリットがあります。

チャネルを横断した施策を自動で実行できます

FacebookやTwitterなどのSNSや、LINE、SMSなどのRCS(リッチ・コミュニケーション・システム)、スマホアプリ、PPC広告やディスプレイ広告に代表されるデジタル広告等メール以外にも、複数のチャネルに配信する事が可能になります。それらをユーザーの嗜好に合わせる事により、チャネルを横断したシナリオでアプローチが可能になります。

マーケティングオートメーションでできる機能

リードジェネレーション(見込客の獲得)

  • LP(ランディングページ)やブログ、申込みフォームの制作とコンテンツ管理機能を持っておりLP(ランディングページ)はワードプレス などと組み合わせる事もできます。

リードナーチャリング(見込客の育成)

  • WebサイトのLP制作・設置機能とコンテンツ管理機能。既存のサイトやワードプレス との組み合わせも可能です。
  • メールやLINEなどのコンテンツ制作・配信機能
  • 行動データの補足。Webサイトやメールなどの行動履歴(ログ)を取得できます。

リードクオリフィケーション(見込客の評価・選別)

  • ユーザーの属性や行動に応じて見込客を点数化できます。(スコアリングとフィルタリング)

リードマネジメント(見込客の管理)

  • クロスチャネルでのシナリオ設計や各施策の管理、見込客の反応を一元的に管理できる機能(キャンペーン管理)があります。

株式会社デジタル・クレストからのご提案

100名未満の中小企業のためのWeb集客システムワードプレス +マーケティングオートメーションを使った営業支援のお手伝いをいたします。

Wordpressを使ったWebサイト制作

mauticによるマーケティングオートメーション

Mautic_Logo